30取り分ほどの間隔を歩いていた場合

173センチ、100寸法といった思い切り太っていたボクは、太っている自覚はあれど痩せようはいまいち思ってませんでした。
2016時のある夏場のお天道様、緩やかな乗り坂を自転車で登っていると、心臓を何かで刺されたような疼痛が襲いました。
ズキンといった素晴らしい疼痛が走った一時、直感的にヤバい!といった確信するような疼痛でした。
心臓発作?小気味よい心筋梗塞?という、大抵路上の歩道で心持ち戦場状態で立ち尽くしました。
しばらくして、極力心臓に手ように自転車から降りゆったり歩いてお家へって駆け回りながら頭の中は「痩せないって死ぬかもしれない」ということで一杯になりました。
家にたどり着くなり一生懸命パソコンを立ち上げ、減量方を検索するととある言語が目につきました。
「サッカリド減量」
沢山のサイト、HPがサッカリド減量がどんなに痩せられるかを語っていて、読み進めれば読み切るほど望ましいものに思えます。
ざっくりと目を通した成行、私の脳が拾った語学は「主食を食べない」「肉はOK」「バランスの良いメニュー」「リカーなら呑み放題」などでしたので、
肉を食べながらお酒を飲んで素晴らしい減量ですといった判読をし、翌日から始めました。

糖の原材料となるアメリカ・小麦・ジャガイモ等の炭水化物、綿密糖分です砂糖を取らなければいいと理解していたので、
それならばって既製売り物のレトルトソース、香味料、果ては練り物製品などに入ってる糖も取らないようにしました。
糖分を取らないと肝臓がケトンボディーという労力源を脂質から作るようになるという一文も覚えていたのでどうしても糖を取らないということを徹底しました。

最初は辛かったですが、糖を取らないお天道様が3お天道様、一週、10お天道様といった貫くって
「本日、糖分を取ってしまったら忍耐した四六時中が台無しになる」という意欲が出て来たので積み重ねることができました。
しばらくサッカリド、糖分をまるでと言って宜しいほど取らず、その外圧や空腹を誤魔化す為に酩酊をしおとうさんっと寝て仕舞うという生活をしていました。

一か月経つか経たないかのうち、近所の書斎まで30取り分ほどの間隔を歩いていた場合そちらはきました。
足が前に一歩も進まなくなったのです。電池が切れた姿本人でした。

完全体調不良を感じながらも初めてコンビニエンスストアに行き、おにぎりを食べて30取り分ほど一心にしているとエネルギーとスタミナが回復したので事なきを得ましたが、
サッカリド減量は軽く読んだとか聞きかじった程度で手を出してはならないものだし、
減量は「急いては事をとちる」方法ですといった痛感しました。
今ははたして余裕範囲で長年的目線でみた体調管理、メニュー管理に追加程度の減量をしています。アイピルの即日通販

30取り分ほどの間隔を歩いていた場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です